So-net無料ブログ作成

お金をかけない薄毛対策 芝崎義夫 食生活の改善が効果的 [お金をかけない薄毛対策、芝崎義夫、食生活]

 食生活の改善と合わせて行うと効果的!
芝崎プロモーションクリニックの芝崎義夫先生のお金をかけない薄毛対策は、
食生活の改善と並行して行うことで発毛させ、昔のような太く、健康な髪の
毛を手に入れることが期待できます。



>>お金をかけない薄毛対策の詳細を見てみる



薄毛や抜け毛の直接的な原因としては、髪の毛を作る毛母細胞の働きが悪くなる
ことですね。


毛母細胞の働きが悪くなるのは食事などの生活習慣の乱れ、ストレス、年齢による
細胞の衰え、男性ホルモンの影響が強く出た時などです。


そして、脱毛を解消し予防するには、髪を作り出す毛母細胞の働きを良くすれば
良いと言うことです。


その為に大事なのは、食事などで髪に良い栄養をとることと、マッサージや睡眠など
に気をつけて髪に栄養がいきわたらせる必要があります。


これまで、日本人は欧米人に比べて、薄毛が少なかったのですが、ハンバーガーや
ファーストフードなどの肉類など高カロリーの食生活に変わったことで、抜け毛や
薄毛など髪のトラブルに悩む方が増えています。


こうした肉食を中心とした高カロリーは、頭皮環境を悪化させ脂肪の多い食生活を
続けると、皮脂腺が広がり毛穴も広がって、生えてきても細くて抜けやすい状態に
なります。


この薄毛の進行を食い止めるには、食事などの改善が有効です。
特に良質なたんぱく質を含む大豆や卵、ビタミンやミネラルが豊富な緑黄色野菜や
海草類、魚貝類など積極的に食べると良いです。



また、私自身が実際に現在もやっているのは、黒豆や黒酢、きなこなどを
毎日とっています。
値段も安く、近くのスーパーで手に入るものばかりで、即効性はありませんが、
続けることでじわじわ効いてきます。


黒豆は、白髪や薄毛にも大変良く、大豆イソフラボンやポリフェノールの
一種であるアントシアニンを含んでおり、造血や育毛効果があります。


黒豆の煮汁を飲んだり、黒豆を入れて炊き込みご飯にすると良いでしょう。
ちなみに、私は毎日炊き込みご飯にして食べています。
炊飯器に黒豆を入れて炊き込むだけなので本当に簡単です。(3合炊きで
黒豆、40~50粒程度が目安)


また、髪質などが良くないという方は、酢が良いです。
何故なら、身体は弱アルカリ性のph7.4で、髪の健康を守る基本は、皮膚は
弱酸性、身体の中は弱アルカリ性にすることです。
いくらシャンプを弱酸性のもので手入れをしても、身体が正常になっていな
ければ努力が水の泡ですね。


身体が酸性よりに偏ると、疲れがなかなか取れず、精神的にもイライラ
してきます。


肉類や甘いものが好きな人で、野菜や魚が嫌いであまり食べないと言う方は、
酸性に体が傾きがちです。


これを補うのは、アルカリ性食品をとることが大切です。
そして、手っ取り早く補うことが出来るのが酢です。


特に、夏場の猛暑時は、疲れが取れにくいので、コップい1杯の水に、酢を大さじ
一杯程度入れて、飲むと身体がスッキリして疲れがとれます。


ですが、酢でも合成して作ってあるものは体に直接働きかけません。
黒酢や玄米酢など純粋な酢を使うと効果的です。


薄毛や抜け毛を治すには食生活の改善が大切です。
髪も身体の一部なので、身体の調子が悪くなれば、抜け毛や白髪が増えたり、
髪のコシやツヤがなくなるのは当然のことです。



育毛剤など塗る前に食事を見直すことがよっぽど大事です。
特に遺伝的に薄毛になりやすいという方は、出来るだけ早い食生活の改善を
行うようにしましょう。

お金をかけない薄毛対策の詳細を見てみる



usugetaisaku02.JPG





nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0